ごあいさつ

院長人類は急速な科学技術の進歩により、機械化、都市化し、そして多様化、情報化した社会に達成しました。そのため、ストレスによる不眠、心身症、うつ状態など精神保健上の問題が増加しています。

非常に多い神経症(ノイローゼ)は「心の風邪」ともいわれてます。その風邪の症状は多種多様な類型があり、どんな人でも神経症に罹患する可能性をもっていますし、風邪をひきやすい社会に変容しています。

臨床経験からみると、自分は心の風邪とは無縁だと思っている人ほど、いったん精神的にくずれると、始末のわるい状態に陥りやすい。なかには精神病的状態にまでなってしまう人もいます。

むしろ、神経症的な傾向をもっている人のほうが、精神的な安定を保てるように思えるのです。自分の精神的弱点に気づいて悩む人は、自分の生き方を知ることにもなりえるからです。

しかし別の見方からすると、自分の心をあたかも知りつくしたかのように悩んでいる無知の人でもあり、そんな人に無知の知をしらしめるのが精神療法といえます。精神療法にもいろいろな技法がありますが、 それぞれの人により有効な技巧で無知の知をしらしめることが目標になります。

わたしはそれぞれの人に合った技法で、必要に応じて適切に薬を用いながら無知の知をともに体験したいと考えています。

人類は急速な科学技術の進歩により、機械化、都市化し、そして多様化、情報化した社会に達成しました。そのため、ストレスによる不眠、心身症、うつ状態など精神保健上の問題が増加しています。

 

非常に多い神経症(ノイローゼ)は「心の風邪」ともいわれてます。その風邪の症状は多種多様な類型があり、どんな人でも神経症に罹患する可能性をもっていますし、風邪をひきやすい社会に変容しています。

臨床経験からみると、自分は心の風邪とは無縁だと思っている人ほど、いったん精神的にくずれると、始末のわるい状態に陥りやすい。なかには精神病的状態にまでなってしまう人もいます。

むしろ、神経症的な傾向をもっている人のほうが、精神的な安定を保てるように思えるのです。自分の精神的弱点に気づいて悩む人は、自分の生き方を知ることにもなりえるからです。

しかし別の見方からすると、自分の心をあたかも知りつくしたかのように悩んでいる無知の人でもあり、そんな人に無知の知をしらしめるのが精神療法といえます。精神療法にもいろいろな技法がありますが、 それぞれの人により有効な技巧で無知の知をしらしめることが目標になります。

わたしはそれぞれの人に合った技法で、必要に応じて適切に薬を用いながら無知の知をともに体験したいと考えています。

  • 院長のひとり言〔最新記事〕

    • カテゴリー一覧

    • 携帯サイトQRコード

      QRcode:home

    サイトマップ

    ページの先頭へ